無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
赤(心・小腸)のまとめ

夏は心の氣が旺盛になる時期なのですが、旺盛になれない場合が多くみられます。  


心の氣にはからだの氣を引き締めて、固める作用があります。


心の氣は陰性な性質を持ちまた、寒性の性質を合わせ持っています。そして、心の働きを引き締めて固めております。


心は人間生れると、死ぬまで動き続けることになります。かたときも、休むことなく動いているわけです。


臓としては熱の多い陽臓に分けられますので、暑くなってきますと、心に負担がかかって来ます。


なぜなら、夏に入るとまわりの自然界の陽の氣も、最高のレベルに達して来るからです。そうしますと自然と体のまわりの暑さから、普段から熱の多い心は、さらに熱が多くなります。


その為、そこで、陰性と寒性の性質を持つ心の氣が活発になって心の熱を低く抑えるように働いて来ます。ですから、心の氣が旺盛にならないと、心の臓に熱がこもってきます。


心の臓が病んできた場合出て来る五液は、心は汗になります。


普段から人一倍汗をよくかいている方か、もしくは、ほとんど汗をかかない方が多いと思いますが、寝起きや日常生活で普段かかないような汗をかいた場合は、特に注意が必要です。


早めに休むとか、遠出を控えるとか次のページのものを、摂ったりして下さい。

東洋医学の五行学説から心を選んだ場合、

 
五味(五臓を養う味)は苦い味、
五穀(食べると良い穀物)は粟(あわ)、
五果(食べると良い果物)は杏(あんず)、
五肉(食べると良い肉類)は羊肉

 
となります。
 
したがって、心の氣が旺盛になれない方は心の氣を旺盛にするために、羊肉やアンズ、らっきょう、粟などをとるのが良いとされています。


赤色の夏に入ると心を守ってくれる心氣が、旺盛にならないため外氣温の上昇のため、心に熱がこもり出します。


そうするとその熱のため体内の血がサラサラ状態からドロドロ状態へと粘りが生じて来ます。


その為に血液循環である血行もよい状態といえず例えば、筋肉に栄養を運ぶ血行が悪くなるため、柔らかい筋肉も硬くなります。


その結果、本当にカチンカチンの肩こりが生じてきます。
 

では、これらのことに心当たりのある方の養生ですが、まずは、夏は暑い日が続いていますので、ドロドロ状態の血をサラサラ状態にするため心の氣を旺盛にしてあげていただくのがよいと思います。


心のこもっている熱を冷やすため「苦い味」や「羊の肉」などを摂っていただいたらと思います。


しかし、ここで注意が必要です。


普段から苦いものや羊肉をよく食べたりしている方は逆に減らす方がベターです。


つまり、何事も度合いが大切なのです。度が過ぎるとよくないです。


そしてドロドロ状態の血をサラサラ状態にしていただいて、体内の血行をよくしていただき、暑い夏のこの時期をベストに過ごしていただきたいと思います。

| 芝下裕章(弘祥) | Eセラネックレス | - | - | - | - |