←prev entry Top next entry→
氣功療法(気功)
 58-IMG_9175.jpg
氣功療法の氣とは?
皆様の体がもし自動車でしたら、自動車はガソリンがないと走れません。
氣とは、このガソリンに相当するものなのです。
と別のページに書きました。
中国の古い言葉で、次のようなものがあります。
氣建致而速効
…氣の流れがその臓器に到達すればすぐ治る
氣遅致而不治
…氣の流れがその臓器に遅れれば治らない
本来氣功法には、自分自身で体内の氣を鍛錬などで高めて行く方法があります。
その高まる氣のことを内氣といいます。
内氣が充実して外に氣を発することができるようになる氣を外氣といいます。
当院の氣功治療は、普段の診療では、皆様のからだに氣をあてる際に触氣功を使います。
字のごとく、患者さんのからだに直接手を触れて行う氣功治療です。
また、手をまったく触れずに、患者さんの枕元近くにイスに腰掛けたり、
患者さんの枕元から2メートルから3メートルほど離れたところでイスに座ったり立ったりして、
患者さんのからだに一切触れずに外氣を当てて患者さんを外動させたりもします。
外動と言うのは、患者さんのからだに外氣を当てることです。
患者さんのからだが、氣を欲して氣を受け取りやすいように、からだが自分の意志に反して、いろいろと動くとも、
また、体内に滞っていた氣が流れようとした結果、からだが意に反していろいろと動くとも言われております。

 























次の4つのビデオは、ある患者様から尋ねられました。「あれは、患者さんが、先生の手を見て動いているのですか?」それに対しての自分の答えは、「いいえ、いいえ、こちらで自由に思うままに動かしてます。」では、証拠をお見せしましょう…ということで、頭もとに自分は座り患者様は、アイマスクで目隠しをしています。















 
また、病院等で長期療養して患者さんの自己の自然治癒能力が落ちてしまっている場合や、
化学物質過敏症や電磁波過敏症などでやはり自己の自然治癒能力が落ちてしまっている場合、
瞬時に体内の氣を高めるために、外氣を経穴(つぼ)5、6カ所に発放して氣を高める方法をとる場合もあります。
この場合は、時間にして3秒から5秒ほどで、からだを調整することができます。
| 芝下裕章(弘祥) | 氣功(気功) | - | - | - | - |