無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
操体療法について
自分と操体療法の出会いは昭和60年4月です。

鍼灸師になってから柔道整復師(柔整)になるため東京の帝京医専に入学した後です。

その学校は夜間の学校でしたので、昼間は鍼灸師兼柔整の見習いとして、中野の整骨院にお世話になっておりました。

その整骨院の副院長が操体療法をされておりました。

自分は、幼い頃からいろいろな療法を体験する機会がありました。

その中には整体やカイロプラクティックや温熱を使った療法などもありました。

それゆえ、副院長先生のされる見たこともない手技は、最初は不思議な氣もちで見ていたのです。

毎日毎日、時間の許す限り横で見ておりました。

患者さんの喜ぶ顔や声を聞き、副院長先生に質問してもおりました。

そして、ぜひ学んでみたいと思いはじめていた時に、整骨院内で勉強会をすることになりました。

最初に学ぶことになったのは、この操体療法でした。

理論を少し聞いてから、副院長が一人一人を手取足取り丁寧に実技を指導してくれました。

はじめて正式に受けてみて、非常に理にかなった療法に思いました。

いい療法に巡り会いわくわくして、帰ったことを覚えています。

しかし、2回目以降の勉強会は開かれませんでした。

副院長のお母さんが倒れられ、郷里に帰ることになったからです。

先生に「独学しても身につけたい」とお話ししたら、操体法の本を紹介してくれました。

その本とは、仙台の・故橋本敬三医博が書かれた「万病を治せる妙療法・操体法」という本でした。

そこから、いろいろな本を読み、ビデオを見ました。

操体療法の経験者が患者さんで見えられたときに、ヒントをいただいたりもしました。

今では自分の持っている技術の一つとして身につけることができました。

操体を簡単に説明することは難しいですが、以下のように言い表せます。

「患者さん自身が氣持ちのいい方に動いて、そして、氣持ちのいい感覚をしばし感じて、

ストンと力を抜くけっして不快な方には、動かない、あくまでも氣持ちのいい方に動く」


操体療法の創始者 橋本敬三先生のことば

操体とは、からだを動かしてからだの歪みを正し、もとの「正体」にもどすことである。

からだの訴える異常感覚・苦痛は、健康悪化、病氣への警告信号。

逆に異常感覚が解消するのは、治癒への第一歩で、次にからだの機能が回復してくる。


操体の原則

●苦しい動きはしないこと。本人にとって痛みや不快感の生じない動きであること。

●からだの動きの中に”安定した氣持ち良さ、快感”を求めることがカンドコロである。

| 芝下裕章(弘祥) | 各種療法について | - | - | - | - |