無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
疳の虫(かんのむし)だしについて
にたぐすんぐすん熊本地震で被災されたお子様に無料で遠隔氣功を致します。

詳しくは、こちらをお読み下さい。

http://blog.goo.ne.jp/arigatou835/e/e7fb6e8986198164a8c5c68107cafb64

自分は氣功師ですが、はり師・きゅう師でもあります。
鍼灸の世界には、小児ばりという治療の方法があり、今も特に関西では有名です。
専用のはり(刺しません。皮膚を軽くなぞったり、軽く叩いたりします)もあります。
自分も、小児ばりを使って昔はよくやっておりました。
小児ばりも夜泣きなどには抜群の効果を見ることがあります。
そして現在は、道具は使わず氣を使って日々疳の虫(かんのむし)出しをしております。
疳の虫の「疳」は東洋医学では五疳をさし、肝疳・心疳・脾疳・肺疳・腎疳と言われております。
誰もが待ちに待った待望の我が子が、ある日そのお母さんやお父さんに、たいへんな心労をかけてしまう。
いわゆる夜泣きやとにかくキィーキィーと声を発して落ち着かなくなったり、
まわりの誰でもみさかいなくひっかいたり、
自分の頭を床や壁に打ち付けたり、髪の毛をはさみで切ってしまったりと、
親御さんにとってはたいへんなご心労だと思います。
特に、夜泣きはたいへんです。
家族の誰もが、睡眠不足からたいへんなストレスが生じてきます。
特にお昼間お仕事をされているお父さんやお母さんにとっては大変な状態です。
夫婦の間がぎくしゃくしだしたり、兄弟仲もこじれだしたりと色々な弊害が出てきます。
アメリカの小児学会でも取り上げられるほどです。
日々の臨床で思うのです。
最近よく耳にする子供の虐待もこんなところから始まっていくのではないかと…。
ですから、皆さんからおうちに帰ってからの喜びの声を聞くたび、氣功師としてこんなうれしいことはありません。
虫出しをした子供さん達が、夜泣きをやめ、キィーキィー声をやめ、兄弟の物をとるのをやめ、頭を打ち付けたりするのもやめてくれます。
また、自分の髪の毛を自分でハサミで切るのをやめてくれた女の子もいます。
※疳の虫出しを体験され、虫を見せていただいたご家族からご感想をいただきました。
| 芝下裕章(弘祥) | 疳の虫(かんのむし)だし | - | - | - | - |