可視総合光線療法の多彩な作用6

2010.04.06 Tuesday 19:56
0
    利尿
    可視総合光線療法は、新陳代謝を盛んにし、血行と腎臓機能を改善することで尿量を増やす効果がある。

    ・心臓病、腎臓病、種々のむくみ、夜間頻尿に利用

    ・痛風の治療に応用(尿酸の尿中への排泄を促進)


    筋力・運動能向上
    可視総合光線療法は、自律神経系、ビタミンD産生を介して、副腎皮質ホルモン分泌を促進し筋力や運動能を向上させる。

    ・虚弱な体質の児童

    ・学童の運動能力と疲労に対する抵抗力の向上、目の疲れの軽減

    呼吸機能改善
    可視総合光線療法は、血液循環調節作用と去痰作用により、呼吸機能を改善させる。

    ・慢性気管支炎、気管支喘息、肺気腫、塵肺症


    神経機能改善
    可視総合光線療法は、光化学作用と温熱作用により、神経機能を改善させる。

    ・脳卒中後遺症(手足の麻痺)、神経麻痺、小児麻痺、手足のしびれ


    Calender
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    お問い合せ・ご予約
    お電話
    0735-32-3123

    月火木金:9~12時・15~19時
    水土:9~12時
    日曜・祝祭日は休診

    24時間
    ココで、御予約受付中です
    ヘルモア
    お陰さまでヘルモア三重県第1位を頂きました。

    三重 県×鍼灸(はりきゅう)
    【2017年10月時点】
    エキテン
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM