可視総合光線療法の多彩な作用4

2010.04.06 Tuesday 19:53
0
    殺菌

    紫外線の殺菌作用に加えて、可視総合光線が白血球の遊走能・食菌能を強化する。

    紫外線の届かない深部の細菌感染症の治療、予防にも有効である。


    ・風邪、気管支炎など感染症の治療と予防

    ・外傷、手術創、火傷など創傷部の感染の治療

    ・アトピー性皮膚炎など皮膚病における細菌の二次感染の予防

    ・扁桃炎、中耳炎などの感染の治療と予防

    ・ニキビの感染予防

    ・痔核、痔ろうの細菌感染の予防

    睡眠

    可視総合光線療法は、血行改善と自律神経(生体リズム)内分泌・松果体ホルモンの働きを調整し、自然な眠りをもたらす。

    ・種々の睡眠障害


    食欲・便通

    可視総合光線療法は、皮膚、内臓の血行改善とヒスタミンなどの光産生物質の作用により、消化管の働きを活発にし、食欲を増進し、便通を良好にする。


    ・胃炎、胃潰瘍、便秘など胃腸病の治療と予防

    ・胃下垂の治療

    ・胃・大腸切除後の食欲増進の治療


    Calender
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    お問い合せ・ご予約
    お電話
    0735-32-3123

    月火木金:9~12時・15~19時
    水土:9~12時
    日曜・祝祭日は休診

    24時間
    ココで、御予約受付中です
    ヘルモア
    お陰さまでヘルモア三重県第1位を頂きました。

    三重 県×鍼灸(はりきゅう)
    【2017年10月時点】
    エキテン
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM