無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
可視総合光線療法の多彩な作用3
免疫調節

可視総合光線療法は、ビタミンD・カルシウム代謝を介する免疫調節機能がある。

皮膚で産生されたビタミンDには、からだが持っている天然の抗生物質を増やす作用がある。

多くの原因不明の疾患には免疫異常が関与しており、光線による免疫調節作用の応用範囲は広い。


・風邪、気管支炎など感染症の治療と予防

・慢性関節リウマチ、強皮症、橋本病などの自己免疫疾患(膠原病)の治療と予防

・発ガン抑制作用によるガン、腫瘍の抑制

消炎(腫脹吸収)

可視総合光線療法には鎮痛効果と同時に、強い抗炎症作用がある。

・扁桃炎、中耳炎、関節炎などの腫れの治療

・痛みを伴う種々の疾患の腫脹吸収


肉芽発生

可視総合光線療法は、創傷部(負傷部位)の血行を改善する。

創傷部の治癒過程をすみやかに進め、種々の細胞を呼び寄せて強靱な肉芽を形成を促進して、創傷の回復を早める。


・褥瘡(床ずれ)の治療と予防

・外傷、手術痕、火傷の治療と予防

| 芝下裕章(弘祥) | 光線療法(コウケントー) | - | - | - | - |