可視総合光線療法の多彩な作用2

2010.04.06 Tuesday 19:48
0
    生体リズム調節

    可視総合光線の中の可視線は眼球を通過して網膜に届く。

    その刺激は脳の中心付近にある松果体に作用して、松果体ホルモン(メラトニン)分泌を調節する。

    メラトニンは脳下垂体に作用し、生体リズム・体の成熟・性腺の周期的活動・血圧調節・免疫機能・抗酸化作用など多くの機能に関与する。


    ・時差による睡眠障害(時差ボケ)、不眠症、季節性うつ病、認知症などの治療と予防

    ・メラトニンの降圧作用による高血圧の抑制

    ・メラトニンの脂質低下による心臓病の治療と予防

    鎮痛

    可視総合光線療法は、深部温熱作用により患部の血流を改善する。

    プロスタグランジン・ヒスタミン・ブラジキニンなどの発痛原因物質をすみやかに除去する。

    痛みの原因を改善して、鎮痛作用を発揮する。

    また、痛みの調節機構を刺激して、痛みを感じにくくする作用によっても鎮痛効果をもたらす。


    ・関節痛(肩、肘、指、股、膝、足など)・神経痛(三叉神経痛、坐骨神経痛など)の治療と予防

    ・椎間板ヘルニア、腰椎捻挫、変形性腰痛症などによる急性、慢性腰痛の治療と予防

    ・膠原病による間節痛の治療と予防

    ・スポーツ、外傷などによる打撲、筋肉痛の治療

    ・外傷による傷、抜歯後、火傷などの痛みの治療

    ・偏頭痛、腹痛などの血管や内臓筋肉の収縮による痛みの治療と予防


    Calender
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    お問い合せ・ご予約
    お電話
    0735-32-3123

    月火木金:9~12時・15~19時
    水土:9~12時
    日曜・祝祭日は休診

    24時間
    ココで、御予約受付中です
    ヘルモア
    お陰さまでヘルモア三重県第1位を頂きました。

    三重 県×鍼灸(はりきゅう)
    【2017年10月時点】
    エキテン
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM