無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
青(肝・胆)とは、
五行表相生・相克を、ご一読ください。
 
東洋医学で青色があらわす自然現象は木です。
 
青色を表す五臓六腑(六臓六腑)は肝と胆になります。
 
ゆえに、ダウジングの結果ネックレスに青色が含まれる方は、生まれつき肝と胆の働きが少し弱い方が多いようです。
 
今、現在健康な方でも肝と胆の疾患に氣をつけるのが良いと思われます。
 
それは、東洋医学では、人体が未病(いまだ、やまいならず=今はまだ病になっていない)の段階でわかるからです。
 
ですから、今健康な方は、西洋医学的諸検査をされても、まったくの正常と出る場合がほとんどと思われます。
東洋医学で五竅といって臓器が支配する竅(あな)がありますが、肝の竅は、目になります。

また、痛みやすいところは筋で、疲労が起きやすいところは、青色は、筋になります。

ですので、青色の方の中には、特に、目の病氣を訴えられる場合が多いようです。

また、五行表のように内の相が怒りです。

怒りが過ぎると肝・胆の氣を落としやすくなります。

また、さらに季節は春を表すのが青色です。
相生関係より肝・胆の母は、一つ前の腎・膀胱になります。

ですので、肝・胆の氣がおちてくると一緒に腎・膀胱の氣もおちてくることが多いのは、腎・膀胱は、東洋医学では、肝・胆の母だからです。

よって色は青の色なのに腎・膀胱の黒色の状態のほうが、病の前面に出ている方もみられる氣が
します。

また相剋関係より、肝(木)は、脾(土)から栄養分を吸収する訳ですが、木に勢いがなければ、土から栄養分を吸収することが出来ません。


青(肝・胆)のまとめへつづく。
| 芝下裕章(弘祥) | Eセラネックレス | - | - | - | - |